カンジダ症は性病になるの?気になる病気とその症状を知っておこう

性病について調べていると、そのクラミジアや淋病といった項目のなかに入っているのがカンジダ症です。よって性病のように感じてしまう人も多いですが、そうではないこともあります。どんな病気も正しい知識を持つことが大切ですので、カンジダ症について知っておきましょう。

誰でも掛かる病気


カンジダ菌によって感染をします。この菌は性器の粘膜周辺や消化管、皮膚にも存在する常在菌です。この菌が体の不調やストレスなどによって免疫が落ちることにより、活動を活発化します。ほとんどが自分の持っている菌によって感染することになりますが、性行為によっても感染することがあります。どちらにしても性行為を行ったから感染するわけではなく、感染経路の見極めは難しいと言えるでしょう。

 

主な症状


男性は亀頭にかゆみが起き、白いカスが出ることが多いです。また水泡ができてそれが潰れ、ただれを起こします。包茎である場合、乾燥することが難しくなることから非包茎の人よりも発生しやすいです。また包茎であるとただれてしまうことで、なかなか治りにくい特長を持っています。

女性は外陰部や膣のかゆみおりものがヨーグルト状になることが顕著に表れる症状が起こりやすいです。女性の性器は男性よりも内部に位置していることから、どちらかというと女性の方が発症しやすいです。

 

女性に多い疾患


本来であれば誰でも発症する可能性がある症状ですが、性病に分類され、性行為によって感染すると知られていることから、女性はカンジダ症になることで辛い想いをすることも多いです。特に女性に多い症状になりますので、パ―トナーからちょっとした指摘によって傷つくことも多いとされています。免疫が落ちることによって発症することが多いですので、体調管理とストレス解消が重要な対策になります。また通気性も大きな対策です。通気性が良い下着やジーンズなどを避けることも必要です。

 

性行為で感染することも


ほとんどが自分が所有しているカンジダ菌によって発症します。しかし性行為によっても感染することがありますので、症状が出ている場合はセックスを避ける必要があるでしょう。また感染していると、他の菌が侵入しやすくなります。その状況で性病に感染している人とセックスをするようなことになると、感染しやすくなるでしょう。

性病は絶対に感染するわけではありません。あくまでも免疫が落ちているときなどに感染することが多く、傷がある場合などは感染しやすくなります。そうみるとカンジダ症になることによって、他の性病に感染しやすくなります。性行為は避けるべきであることがわかるはずです。

 

治療方法


男女ともに治療法が異なります。女性は膣錠、軟膏クリーム、経口錠が処方されます。男性は主に軟膏クリームによって治療をすることが多いです。約1週間くらい治療を続けて経過を見守ります。完治しない場合は、他の症状も疑う必要があります。あと再発しやすいですので、免疫力を高めることと、通気性が良い身なりを整えるなどの工夫も求められるでしょう。市販の医薬品もありますが、初めて感染した場合は他の性病の違いも診察する必要がありますので、病院で診察を受けることをおすすめします。

 

症状が出たら診察を受けるように


クラミジアや淋病と異なり、性器に症状が出やすいのがカンジダ症になります。発症した場合、恥ずかしいことで治療が遅れることもありますが、しっかり治療をすることが大切です。症状が出れば、診察を受けてください。

ページ上部へ戻る