ブログ

カンジダ症は放置していても治ることもある?自然治癒の可能性

誰にでも持っている常在菌が原因になるのがカンジダ症であり、どんな人でも感染するリスクがあります。もしなってしまえばクリニックに行くことで治療をすることができますが、自然治癒をしてしまう人も多いのがこの病気の特長です。

 

実は感染していたかもしれない


性行為においても感染するリスクがありますが、カンジダ症に感染してしまった人の多くが自身の常在菌が原因になっていることがほとんどです。よって実は発症していたことも考えられます。男性は亀頭が赤くなってしまったり、女性はおりものがヨーグルト状になってしまったことなど経験がある人であれば、実は発症していたかもしれません。それほど身近な病気でもあります。

 

軽度であれば自然治癒可能


重症化していない症状であれば、自然治癒で完治することが可能です。常在菌が原因であることで、実は発症しており、自然に治ってしまうことも多いです。人間には自然治癒力があり、免疫力を高めることでカンジダ症の原因である菌をやっつけることができます。軽度であれば治せる可能性があります。

 

一度見てもらうことが大切


ただもしかしたらカンジダ症ではなく、他の性病に罹患している可能性も捨てきれません。性行為の体験がある人であれば、クラミジアや淋病に感染している可能性もあります。もしかしたら他の病気が原因になっていることもありますので、数日で症状が治まらないのであれば、クリニックで見てもらうことをおすすめします。

 

性器の問題は早急に解決しよう


他の性病に罹患している可能性も捨てきれませんので、カンジダ症だと自己解決をせずに、専門家の判断を仰ぐことが大切です。他の性病だと不妊の原因になることもありますので、白黒をつけることが大切です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
ページ上部へ戻る