ブログ

男性もカンジダ症になることも!なりやすい特長と予防対策

女性がなってしまうことが多いのがカンジダ症です。女性の75%が感染の経験があると言われているほど、特有の症状になりますが、男性にもなる可能性があります。男性のある性器の特長によって、発症してしまうことがあることを知っておきましょう。

包茎の男性は要注意


カンジダ症は菌が繁殖することによって、粘膜に異常をきたす症状です。通気性が良い環境であれば、繁殖を防ぐことができます。しかし包茎になると、通気性が悪くなってしまい、カンジダ菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。圧倒的に女性の感染者が多いですが、包茎で特に真性やカントンの特長を持っている男性は要注意と言えます。

 

清潔にすることが予防になる


乾燥させることが予防に大切ですが、カンジダ菌が影響を与えることになりますので、まずその菌を退治することも重要な予防になります。包茎の人は清潔にするのがおろそかになってしまうことも多いですので、清潔にしておくことも予防対策になります。

 

亀頭包皮炎専用の予防製品もある


カンジダ菌が繁殖してしまい発症してしまう症状として、亀頭包皮炎も代表的な病気になります。包茎の男性には馴染みが深い病気であり、そのことから亀頭包皮炎専門のソープ製品が売られています。何度もぶりかえしてしまうような人は、カンジダ菌に対して適切な対処ができていないことも考えられますので、予防製品を使って対策をすることをおすすめします。

 

排尿障害になることが多いので早急に治療を


亀頭に炎症を起こし、ただれてしまうことで排尿をするときにつらいことも多いです。包皮がただれてしまい、排尿によってまた雑菌が繁殖することも考えられますので、適切な治療をして治すことを心掛けてください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
ページ上部へ戻る