ブログ

カンジダ症の治療方法を知り、正しい予防対策を学ぼう

性病になりますが、性行為の経験がない人であっても感染し、症状に悩むことになるのがカンジダ症です。治療方法は男女ともに異なります。誰もが感染するリスクを抱えていますので、正しい知識を持つようにしましょう。

 

女性の治療法


男性よりも女性の方が感染率が高いのがガンジダ症です。また男性よりも治療方法が多いのも特徴になっています。医薬品は膣錠、経口錠、軟膏クリームが処方されます。男女ともに同じことが言えますが、1週間ほど治療をして、もしそれでも完治しない場合は他の症状も疑うことになります。誰もが持っている菌によって発症し、カンジダ菌の確認をして治療が開始されますが、完治しない場合は他の性病の可能性もあることになります。

 

男性の治療法


主に軟膏クリームが処方されます。男性は女性と比較して性器が外に出ていることから治療をしやすいです。カンジダ菌を持っていると、包茎の人は繁殖をしやすくなってしまいますので、綺麗に洗うことも治療としては重要になります。女性よりも感染しにくく、仮に感染したとしても治療をしやすいのが特徴です。

 

治療よりも予防が重要


治療も大切ですが、カンジダ症は再発することも多いですので、予防対策を身に着けることも重要になってきます。カンジダ菌は乾燥に弱いですので、通気性を求めるようにするだけでも、発症しにくくなります。症状が出てきたときに、女性はパンツ系ではなくスカートにするだけでも、通気性を求めることができるでしょう。

 

市販や通販でも購入可能


他の性病も疑わないといけませんので、一番最初は病院で診察を受けるのが望ましいです。ただ医薬品は薬局や通販でも購入することができますので、再発しやすい人は用意しておくと、比較的重症化せずに治すことができるでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
ページ上部へ戻る